ダル手術成功、数日中にリハビリへ「パワー送ってくださった方々、ありがとうございました」

2015.03.18


リハビリ生活に入るダルビッシュ(共同)【拡大】

 レンジャーズのダルビッシュ有投手(28)が17日(日本時間18日)、米フロリダ州ガルフブリーズの病院で右肘靱帯の再建手術(トミー・ジョン手術)を受け、無事成功した。球団公式サイトが明らかにした。

 執刀したのは藤川球児投手らを手術したジェームズ・アンドルーズ医師で、右前腕(長掌筋)の腱を右肘に移植した。

 ダルビッシュはツイッターで「無事終わりました。パワーを送ってくださった方々、本当にありがとうございました!」と記した。

 18日(同19日)に術後の診察を受け、数日中にアリゾナ州サプライズに戻ってリハビリを始める。

 ダルビッシュは手術前日の16日、自らのブログを更新し、「この手術は100%帰ってこられるわけではありません。ただ不安も怖さもありません」「これは“ダルビッシュ有の始まり”か“ダルビッシュ有の終わり”かはまだ判別がつきません。ただ愛する野球界の発展に繋がる事は確実だと考えています」「自分は生まれ変わってもまたこの靱帯と一緒になりたいです」などとつづり、復帰への強い意志を示した。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。