阪神・梅ちゃん、グッズでも「定位置獲り」 “母性”くすぐり売り上げ急上昇

2015.04.01


梅ちゃんはプレーでもグッズでもレギュラー獲りが目前だ【拡大】

 7年ぶりの開幕3連勝で単独首位に立つ阪神。お祭り騒ぎの余波は、選手グッズの売り上げにも大きく貢献している。

 30日、阪神百貨店は大阪・梅田本店のグッズショップの売り上げが、前年同期比で約2倍になったと発表した。同百貨店の宣伝広報担当者は「球団創設80周年関連のグッズや、おつまみの『柿の種』とコラボした“勝ちの種”(1箱1080円)もよく売れています」と言葉を弾ませた。

 その立役者は「グッズの種類、売り上げは今や殿堂入り級の存在」(同)という鳥谷。だが、その伸び率では梅野隆太郎捕手(23)が際立っているという。

 2年目の司令塔は中日との開幕カード(京セラドーム)でスタメンを勝ち取り、メッセンジャー、岩田、藤浪らを好リード。打撃面では27日の初戦から10打席無安打が続いたが、29日の3戦目、5回1死満塁で右中間に走者一掃の3点適時二塁打。「打てる捕手」としてアピールしたプレーぶりが、グッズの売り上げを加速した格好だ。

 昨季は新人ながら92試合に出場。その活躍ぶりに、球団は6月に似顔絵と梅の花がプリントされたTシャツ、フェースタオルなどの「梅ちゃんグッズ」を発売。1カ月後には増産したほどの人気を博した。今回は「ユニホームが一番売れている」(前出宣伝広報担当者)というが、特筆すべきはファンの“母性”をくすぐっている点だ。

 「鳥谷選手も、藤浪選手も新人時代からグッズの売り上げは良かったですが、梅野選手は親心を覚えて『応援したくなる雰囲気がある』と話すファンの方が多い。今後、若い女性ファンが定着すれば、さらにグッズも増えますよ」(同)

 その梅野は「多くのファンの方が僕のグッズを持って応援してくださる姿を見て、とてもうれしい。結果を残してもっと喜んでもらえるように頑張りたい」と意気込む。

 本業同様、グッズでも虎の梅ちゃんは「定位置獲り」が間近だ。 (山戸英州)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。