V9戦士・高橋一三氏が死去 69歳心不全で 「星飛雄馬」のモデル

2015.07.15


5連覇のかかった阪急との日本シリーズ第6戦(1969年)で完投勝ちした高橋氏【拡大】

 巨人V9の左腕エースだった高橋一三氏が14日午後、多臓器不全のため東京・武蔵野市の病院で死去した。69歳だった。ダイナミックな投球フォームから繰り出す剛速球で巨人の黄金時代を支えた立役者の1人だった。

 現役引退後、巨人、日本ハムの投手コーチ、二軍監督を歴任したあと、2009年に山梨学院大野球部の監督に就任したが14年に体調不良のため退任。その後は同部の顧問を務めながら、療養を続けていたが、14日午前に緊急搬送され、息を引き取った。

 1946年6月9日、広島県府中市生まれ。北川工(現・府中東)からV9の始まった65年に巨人入りし、66年から1軍に定着して、1歳下の堀内恒夫とともに、左右の両輪としてV9を支えた。22勝の69年、23勝の73年には沢村賞などを受賞した。

 75年オフ、張本勲とのトレードで日本ハムへ移籍したあとは、腰痛のためスローボールに活路を求め、81年に14勝して古巣・巨人との日本シリーズで先発した。

 現役19年で通算167勝132敗12セーブ。球宴出場6回。83年に現役を引退した。人気アニメ「巨人の星」の主人公、星飛雄馬のモデルといわれる。夫人は元映画女優の橘和子さん。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。