【高校野球100年 発掘・事件史】「第1回全国大会」開催知らせず 秋田県3校で「東北予選」5県を出し抜き地区代表

2015.07.18

 1915(大正4)年8月18日に第1回の「全国中等学校優勝野球大会」(現在の夏の甲子園大会)は開幕したが、主催の朝日新聞社が開催を紙面上で発表したのは、7月1日付。わずか1カ月半前だった。

 全国10地区の関係者は初の代表校を決めるのに、てんやわんやとなった。予選を行う期間が取れない地区は、その年の春の大会などを“予選”と位置づけて優勝校を代表として送り出した。例えば関東地区は、東京以外の全県の予選参加が不可能だったため、春の東京大会を制していた早実を代表校とした。

 東北地区は、確かに“予選”が行われた。だが秋田県以外の5県は出場していない。実は、その予選が行われることさえ知らされていなかった。

 全国大会の開催をいち早く知った秋田中(現秋田)は、主催者側に「単独での出場を認めてほしい」と申し入れた。だが、さすがに無条件での出場は許可されず「予選を行って勝つこと」が条件となった。そこで秋田中は同じ県内の横手中(現横手)と秋田農(現大曲農)にだけ声をかけ、わずか3校で「東北予選」を実施。勝ち上がって“東北代表”に名乗りを上げたが…。

 この東北予選開催の連絡を受けていなかった他の5県関係者からは、秋田中への非難が集中した。中でも当時「東北最強」と全国で評価されていた盛岡中(現盛岡一)などの強豪校が多かった岩手県関係者の怒りが一番大きかった、といわれる。

 全国大会に出場した秋田中の下馬評、戦力評価は低く、ノーマークの存在だった。だが早実など強豪を連破し快進撃。京都二中(現鳥羽)との決勝でも延長13回の激戦を展開。1−2でサヨナラ負けしたが、この準優勝で数々の批判を封じ込めた。

 一方、悔し涙にくれた岩手県勢は、“実力”で翌年の第2回大会から6回連続で「東北代表」の座を独占。本大会でも上位に進出し、「東北最強」として溜飲を下げた。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。