早実“清宮フィーバー” 決勝のフェンス直撃2点二塁打 優勝候補・日大三下す 

2015.07.24


清宮は3回、軽々とフェンス直撃打を放って5試合連続安打を記録【拡大】

 今夏の高校野球地方大会で最大の注目を集める早実のスラッガー、清宮幸太郎内野手(1年)が24日、西東京大会準決勝の日大三高戦に「3番・一塁」で先発。決勝打となる右中間フェンス直撃の2点適時二塁打を放ち、2−0の勝利で甲子園に王手をかけた。

 第1シードの優勝候補を迎え撃つ大一番。下馬評では不利とみられていたが、番狂わせの主役を見事に演じた。1打席目で敬遠気味の四球を選んだあと、0−0のまま迎えた3回2死一、三塁からの第2打席でスタンドをどよめかす一撃を放った。

 「相手投手も要所を押さえてきていた。ここで打たないと苦しくなる」と清宮。直前のきわどい変化球を「自分でも『ああっ』と思った」というが何とか見極め、フルカウントから甘く入った130キロの直球をジャストミート。もう少しで柵越えの強烈な二塁打で2点を先制し、エース松本皓(3年)が3安打で完封した。

 清宮は後続打席で、春の都大会から公式戦8試合目にして初の三振を喫し、3打数1安打2打点、1四球2三振。今大会の通算成績は16打数9安打9打点となった。

 “清宮フィーバー”に沸く神宮には平日では異例の1万3000人が詰めかけ、報道陣も22日の準決勝・八王子戦を上回る34社147人。午前9時の試合開始に合わせて、通常より30分早い同7時30分の開門が予定されていたが、さらに30分前倒して同7時に開門して対応した。

 26日の決勝の相手は東海大菅生−国学院久我山の勝者。「野球を始めるきっかけが(子供のころに観戦した)甲子園。そこで楽しくプレーしたい。(決勝は)どんな球でも打ってやる、という気持ちで、絶対勝って甲子園に行きたい」と清宮は甲子園行きを宣言。

 清宮の後を打つ主将の4番加藤雅樹(3年)は「1年とは思っていない。すごい打者なので信頼して安心して見ている」と全幅の信頼を寄せていた。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。