野球賭博のG・福田、破滅の背景に借金苦か 「事業に失敗」のウワサも… (1/2ページ)

2015.10.06


 野球賭博が発覚した巨人・福田【拡大】

 巨人は5日、福田聡志投手(32)が野球賭博に関与していたと発表。同僚の笠原将生投手(24)から紹介された知人との間で高校野球、米大リーグ、巨人の試合を対象に賭けをしていた。球団は2人に謹慎処分を科したが解雇の可能性も示唆。刑法の賭博罪に当たる疑いがあるとして警察への届け出も検討中で、日本野球機構(NPB)から永久失格処分となる恐れもある。福田は2006年に希望枠で入団、10年間で3億円近く稼いできた。球界の盟主の看板に泥を塗る愚行に手を染め、百数十万円の負け分も払えず破滅に至った背景とは−。 (笹森倫)

 原監督が東京・大手町の読売新聞東京本社を訪ね、渡辺最高顧問、白石オーナーにセ・リーグ2位に終わったシーズン報告を済ませた、わずか1時間後。同社屋内で行われた緊急記者会見で、久保球団社長と森田法務部長が深く頭を下げた。

 「当球団所属の選手が野球協約の有害行為に該当する行為を行った疑いが明らかになり、NPBの熊崎コミッショナーに告発致しました」

 森田部長によると、9月30日午前、川崎市・ジャイアンツ球場に入ろうとして警備員に制された男性A氏が「福田に金を返してもらいにきた」と話したことから、今回の問題が発覚した。

 福田は同僚の笠原を介して昨年知り合った税理士法人勤務というA氏から、今春に野球賭博を持ちかけられ、その際は断ったという。だが、8月初旬に再び誘われ破滅の道へ。夏の甲子園の試合の勝敗に1点1万円で賭ける方式で、メールで送られてくるハンデ表を参考に当初は5−10点を賭けた。負けが込むにつれ挽回しようと点数が増え、泥沼にはまった。

 「遊びだからプロ野球で取り返せばいい」という甘言に乗り、大リーグ、プロ野球の各10試合にも賭けたが負け分は膨らんだ。支払いは求められなかったが、近く子供が生まれるのを機に9月初旬頃からA氏のメールに応えなくなると取り立てが始まったという。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。