野球賭博のG・福田、破滅の背景に借金苦か 「事業に失敗」のウワサも… (2/2ページ)

2015.10.06


 野球賭博が発覚した巨人・福田【拡大】

 野球賭博に手を出すこと自体が論外だが、今季推定2400万円の年俸を得ながら、百数十万円の支払いに窮していた可能性がある。しかも入団時に契約金1億円プラス出来高1500万円をもらい、2013年には推定年俸4000万円に達したベテランが、だ。

 球団関係者は「事業に失敗し、数千万円の借金を抱えているらしい」。球界の評判は「気のいい男だが、頭の回転が速い方ではない」。夫人と2女、そして先月12日に誕生した長男を養おうにも選手としては右肩下がりで、今季限りでの戦力外が濃厚となっていた。

 チーム内からは「福田はギャンブルが好きだったと思う」との声も上がっている。パチンコ、麻雀、競馬などさまざまなギャンブルに手を出していたとの情報もあり、もともと賭け事に対する親和性が高かったようだ。

 福田が賭けた対象には巨人の試合も含まれていたが、今季1軍登板がなかったおかげで八百長を行った形跡はないという。それでも野球協約第177条の「所属球団が直接関与する試合について賭けをすること」に該当すると判断されれば永久失格処分となる。

 10年前のドラフトで巨人が福田と天秤にかけ希望枠での指名を見送った亜大・松田宣浩は、パ・リーグ2連覇したソフトバンクの看板内野手になった。一方で紳士球団の面汚しとなった右腕には、グラウンドで取り返す機会も残されていない。

 ■福田聡志(ふくだ・さとし) 1983年9月12日生まれ、大阪府出身。和歌山・伊都高から東北福祉大を経て、2006年ドラフト希望枠で巨人入団。12年には50試合に登板するなど、中継ぎとして活躍。通算成績は151試合に登板、22勝15敗、防御率4・15(5日現在)。180センチ、84キロ。右投げ右打ち。既婚。年俸2400万円。背番号29。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。