“台湾の夜”パパラッチされちゃった坂本ら「88年会」 おとがめナシもタイミング悪すぎ… (1/2ページ)

2015.11.19


坂本、マエケン、秋山ら「88年会」メンバーが中華パパラッチの餌食にされた【拡大】

 ■「プレミア12」決勝 日本VS韓国 (19日午後7時、東京ドーム)

 優勝を狙う日本は18日、準々決勝まで戦った台湾から帰国、19日に韓国と準決勝を戦う東京ドームで全体練習を行った。だがこの日早朝に台湾のネットメディアが、坂本勇人内野手(26)=巨人、前田健太投手(27)=広島、秋山翔吾外野手(27)=西武=ら同期メンバーが、12日のドミニカ共和国戦での快勝後に台北市内の飲食店で祝杯をあげ盛り上がる姿を動画付きで報じ、同国で話題となっている。野球賭博問題で綱紀粛正が叫ばれる中、宿敵との一戦を控えた侍ジャパンは冷や水を浴びせられた格好だ。

 侍戦士たちの“ニュース”を報じたのは、香港の独立系メディアが運営する『台湾壹週刊』。台湾国内でも大衆向けの報道で有名だ。

 「日本隊主将放浪台北夜店」の見出しで報じたのは、12日の1次ラウンドB組で日本がドミニカ共和国を4−2で下した試合後の様子。動画は坂本、前田、秋山、大野(中日)、沢村(巨人)ら、1988年生まれの同期会『88年会』のメンバー5人が、台北市内のホテルからタクシーに乗り込むところから始まっている。

 さらに5人が同市内の飲食店で女性の接待を受けながらグラスを傾け、肌を露出した女性たちがダンスを披露している姿も映っている。店を出た後も路上で盛り上がる姿も盗撮されていた。

 同国内では日本のプロ野球がテレビで中継され、選手たちも人気がある。それだけにこの動画が話題になっている。

 とんだ中華風パパラッチに、チームも戸惑いを隠せない。ある選手は「別に悪いことをしているワケじゃないから問題ないと思いますけど…。でも、あっちのマスコミは怖いですね。自分も外で飲み食いしましたけど、普通にしていてよかった」と胸をなで下ろす。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。