“金本チルドレン”阪神・横田 トリプルスリーも狙える? 2安打1打点!

2016.02.22

横田は今季のブレークが期待されている
横田は今季のブレークが期待されている【拡大】

  • <p>楽天・銀次</p>

 阪神の“金本チルドレン”横田慎太郎外野手(20)が、沖縄・浦添で行われたヤクルトとのオープン戦(浦添)で2安打1打点と活躍した。

 「7番・中堅」で先発出場。2回に中前打を放つと、4回には右中間への適時二塁打をマーク。「真っすぐを待って(変化球に)反応して打てた」と胸を張った。

 1、2軍の入れ替え要員として危機感を抱いているだけに「首脳陣の方に毎日指導していただいている。早く結果を出したかった」と安堵の表情を浮かべた。

 16日の練習試合でソロ本塁打、20日にも2安打を放った。スケールの大きい打撃が魅力だ。ロッテなどで活躍した真之氏を父に持つ186センチ、86キロの大型左打者。身体能力の高さから「オリックス・糸井のようになれる潜在能力がある」(球界関係者)といわれる。チームでも「トリプルスリーを狙える」と期待をかけている。

 そんな3年目に、他球団の選手から絶賛する声があがっている。横田と同様に高卒でプロ入り、昨年まで3年連続で打率3割超をマークした楽天・銀次だ。練習試合で対戦した際「すごい子がいる」と驚き「飛ばす力がある。打撃に雑な部分も目立つけど、化けたらすごい選手になる」。

 そのキッカケは“やる気スイッチ”にある。銀次は「(自分の)転機は5年前の東日本大震災。被災地(の岩手)出身で野球に集中しようと覚悟を決めた。何がきっかけでもいい。スイッチを押せば劇的に伸びる」と助言する。

 横田の潜在能力に諸方面から絶賛の声があがる中、今季のブレークのために“スイッチ”を入れたいところだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。