野球賭博問題の笠原元投手、球界復帰を否定 飲食店の手伝いで生計

2016.02.27

笠原将生元投手
笠原将生元投手【拡大】

 野球賭博問題で“球界追放”となった巨人3選手で、最初に手を染めた笠原将生元投手(25)が25日発売の「週刊文春」誌上で「自分の言葉で謝罪していないことがずっと心残りでした」と球団、ファンなどに向けて懺悔の言葉を繰り返した。

 球団側が対応を求められるような新事実の告発はなく「実は昨年からずっと肩の状態が良くなかった」と球界復帰の意思も否定。解雇後は都内で飲食店の手伝いなどをしていることを明かし、将来的に故郷・福岡へ帰ることも言及している。

 自身のツイッターも21日に再開。食品衛生責任者の講習を受ける様子を投稿するなど、再出発に向けて動きを活発化しているようだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。