ソフトバンク・松坂 制球定まらず3月に“2次キャンプ” 1軍は5月? (1/2ページ)

2016.03.01

松坂が今キャンプで初めてシート打撃に登板したが
松坂が今キャンプで初めてシート打撃に登板したが【拡大】

 右肩の故障から復帰を目指しているソフトバンク・松坂大輔投手(35)が先月28日、宮崎キャンプのB組で行われたシート打撃に初登板したが、2回想定で2安打3四球と制球が定まらず不安を残した。

 「今日が一番良くなかった」。練習後、右腕はそう振り返った。猪本、城所と交互に対戦した実戦のマウンドで、制球がバラついたからだ。

 それでも、例年の開幕前には一度、調子が落ちる時期があることを強調。「何も心配はない。逆にそれがないと不安になる」と話したが、工藤監督からは3月以降の調整について「急がせない方がいい」とブレーキをかけられている。

 まだ万全とはいえない現状を、本人が理解している。今キャンプでは順調な仕上がりをアピールしているが、昨季はオープン戦終了後にインフルエンザが発症、右肩痛も発生し、8月にはメスを入れた。それだけに「まだ不安はあります」というのが本音だ。

 そんな松坂の状態を、工藤監督は細やかにチェック。フォーム固めができていない上、手術明けで右肩のスタミナ面にも不安がある。まだ試合で投げる態勢は出来上がっていない。そんな現状を冷静に見極め、先ごろ開幕ローテから外すことを明言している。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。