ソフトバンク松坂、288日ぶり実戦登板 2回無安打無失点と好投

2016.03.03

昨年5月以来の実戦で好投した松坂
昨年5月以来の実戦で好投した松坂【拡大】

 昨夏の右肩手術からの復活を期すソフトバンクの松坂大輔投手(35)が3日、宮崎市の宮崎アイビースタジアムで韓国プロ野球の斗山との練習試合に先発し、2回を無安打無失点と好投した。

 実戦登板は昨年5月20日のウエスタン・リーグのオリックス戦以来で288日ぶりだった。

 西武時代の女房役、細川と久しぶりのコンビ。20球を投げて、直球の最速は141キロ。全盛期には及ばないが制球は安定し、スライダーやチェンジアップも試した。2回2死では、6番呉在一に内角の140キロの速球で見逃し三振も奪った。内野ゴロ4、外野フライ1、三振1の“パーフェクト”だった。

 キャンプでは若手中心のB組で段階的に調整を進めてきたが、結果も出た。完全復活への第一歩を踏み出すマウンドとなった。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。