ソフトバンク・松坂 5月1軍へ 調整法シフトチェンジ (1/2ページ)

2016.03.09

松坂は課題を克服し1軍のマウンドに帰ることができるのか
松坂は課題を克服し1軍のマウンドに帰ることができるのか【拡大】

 右肩の故障から復活を目指しているソフトバンク・松坂大輔投手(35)が、5月初旬の1軍昇格に照準を定めた新たな調整プランにシフトチェンジする。

 松坂は1月の自主トレの段階から開幕ローテ入りを目指していたが、工藤監督はファームでの調整継続を決めている。「監督が松坂の思いをすべて聞いた上で諭し、出した結論でしょう」(球団関係者)

 指揮官の決断は、手術明けで不安を持つ松坂を思ってのもの。開幕に間に合わせたいという焦りから挫折した、昨年の失敗を繰り返させないためでもある。

 昨春キャンプでも開幕ローテ入りを目指し急ピッチで調整。だが「長期離脱した投手の場合、調整過程で1度ピークまで状態を上げたら、その後は必ずペースダウンして状態が下降する時期がくる」(球界関係者)。右腕はこの重要なターニングポイントを乗り越えることができなかった。

 そして同3月、右肩に違和感を覚えた状態でオープン戦に登板したことで患部が悪化。さらにインフルエンザB型にも感染してチームから離脱。以後、右肩の状態は好転せず、1軍には上がれなかった。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。