阪神・横田“美人姉”もブレーク!? バレーボールでインターハイ2位

2016.03.30

横田が“金本チルドレン”としてブレーク
横田が“金本チルドレン”としてブレーク【拡大】

  • <p>横田真子さん</p>

 開幕から「2番・中堅」に座る阪神・横田慎太郎外野手(20)。29日のヤクルト戦(神宮)は5打数無安打だったが、中日との開幕3連戦(京セラドーム)では、計13打数4安打で打率・308、1打点と活躍。金本監督は「3試合で状況判断を“米粒1つ”くらいはできるようになった」とうなずく。「一直線にまっしぐらという彼のスタンスを生かすのが仕事」と長所である身体能力に期待する。

 横田のブレークは家族にも波及。インターネットを中心に“美しすぎる姉”真子さん(22)が注目を集めている。

 元ロッテの外野手だった父・真之さんの血を受けて、弟と同様に真子さんも故郷・鹿児島でバレーボールでならした“アスリート美女”だ。高校2年時に出場したインターハイで全国2位。進学した名門・鹿屋体育大でもアタッカーとして活躍した。現在は地元民放局・南日本放送の人気情報番組『ズバッと!鹿児島』のスタッフとして番組を支えている。

 そんな彼女が26日の試合中、NHKBSの中継などに登場。元AKB48の宮澤佐江に似て、目鼻立ちがくっきりとした顔が特徴。ツイッターなどSNSで画像が転載され「そこそこ美人!」と話題沸騰となっている。

 「今後も月イチペースで観戦したい」という真子さんだが、ネット上の反響には「“そこそこ”は取ってほしい」と苦笑い。それでも「弟の活躍が一番。これからも頑張って」とエールを送った。横田姉弟の今後に注目だ。 (山戸英州)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。