紅白出場の“大物”に「逮捕間近」情報 清原被告と同ルートで薬物入手か (1/2ページ)

2016.05.18

初公判の傍聴券を求め、日比谷公園には長蛇の列ができた=17日午前、東京都千代田区
初公判の傍聴券を求め、日比谷公園には長蛇の列ができた=17日午前、東京都千代田区【拡大】

  • <p>清原和博被告</p>

 覚せい剤取締法違反(所持、使用、譲り受け)の罪に問われた元プロ野球選手、清原和博被告(48)の初公判が17日午後、東京地裁で行われた。清原被告は起訴内容を認め、検察側が懲役2年6月を求刑して即日結審した。

 想定される量刑について、元東京地検特捜部副部長で弁護士の若狭勝氏は、「覚せい剤取締法違反の『所持』と『使用』の罪で起訴されているが、量刑は所持していた分量で判断される。0・2グラムということは、過去の判例に照らし合わせると懲役2年から2年6月、執行猶予3年から4年というところだろう」と話す。

 世間の視線が一点に注がれた番長の裁判だが、この光景をおびえながらみつめる人物がいる。捜査当局が密かにマークする大物芸能人で、「一部テレビ局が、すでにその人物の隠し撮りを終え、逮捕に備えてスタンバイしている」(テレビ局関係者)というのだ。

 芸能、スポーツ界には、清原被告以外にも違法薬物の使用を疑われる関係者が複数いるが、この人物は重度の薬物依存とされ、捜査当局が徹底マークしてきた。

 「疑惑が出ているのは、紅白出場経験もある大物男性芸能人。長年、覚醒剤を使用し続けてきた疑いがあり、一時、薬物捜査のエキスパートである警視庁組織対策5課が行動確認したこともある」(捜査関係者)

 清原被告の事件では、同被告に覚醒剤を密売した容疑で無職、小林和之被告(45)が覚せい剤取締法違反(譲渡)で逮捕・起訴された。

 清原被告は小林被告以外にも複数の“ネタ元”(密売人)から薬物を入手していたとされ、「この男性芸能人も、そのネタ元の1つを利用していた」(同)という。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。