鷹はなぜこんなに強いのか かつての巨人とは違う適材適所の補強 (1/2ページ)

2016.06.21

工藤監督は7回1失点の力投で8勝目をあげた武田(右)を気遣った
工藤監督は7回1失点の力投で8勝目をあげた武田(右)を気遣った【拡大】

  • <p>阪神戦の5回、ソフトバンクは満塁本塁打を放った城所を工藤監督らが笑顔で迎える。最高の形で交流戦を締めくくった=6月19日、甲子園球場</p>
  • <p>過去の最高勝率球団</p>

 どうしてこんなに強いのか。ソフトバンクは交流戦でセ・リーグ球団に対して13勝4敗1分けで勝率.765をマークし、2年連続6度目の最高勝率を決めた。パ・リーグでも2位・ロッテに7・5ゲーム差をつける大独走状態と圧倒的な力をみせつけているが、その要因として球界周辺からは〔1〕資金力〔2〕スカウティング力〔3〕育成システムの熟成などがあがっている。 (宮脇広久)

 「対戦することの少ない相手投手から打者がよく打ってくれたし、投手も頑張ってくれた」

 試合後、工藤公康監督(53)は満足げな笑みを浮かべた。普段は対戦することのないセ・リーグ球団との交流戦は、データ分析や戦術以上に、選手個々の力量の差が出やすいからだ。

 たとえば横浜DeNAの先発陣の柱・井納は、9日の対戦(ヤフオクドーム)で先発し7回4失点で敗戦投手となった。「正直言ってセ・リーグでファウルや空振りを取れる球が、ソフトバンク(の選手)には打たれる。初回に3連打されたが、普段対戦していない投手にいきなりドンピシャでタイミングが合うのは反射神経や身体能力としかいいようがない」

 右腕が白旗を掲げたほど、才能豊かな選手たちがそろう第1条件は、球団の資金力にあるのは間違いない。今季の外国人選手を含めた球団の支配下選手の推定総年俸は49億9500万円。2位・巨人の45億8400万円を抑え断トツだ。

 某球団の編成担当者は「3年12億円で米大リーグから日本球界に復帰し2年目の松坂は故障で戦力になっていないが、今季メジャーから戻った和田、移籍3年目の守護神サファテ、一昨年まで韓国サムスンに在籍し今季6勝1敗のバンデンハークらには、他球団がオファーしたその倍額を提示したと聞いている」とじだんだを踏む。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。