燕・由規復帰は“株主対策”の切り札? 総会で投壊追及され球団社長は… (1/2ページ)

2016.06.23

由規がイースタン巨人戦で5回2失点と好投。1軍復帰へ前進だ
由規がイースタン巨人戦で5回2失点と好投。1軍復帰へ前進だ【拡大】

 2010年に日本人最速(当時)の161キロをマークした一方で右肩を痛め、昨年11月から育成選手となったヤクルト・由規投手(26)が22日、イースタン・リーグ巨人戦(ジャイアンツ球場)に先発。5回3安打8奪三振2失点(自責点0)の好投で、今季中の支配下選手登録と1軍復帰へ大きく前進した。

 この日のMAXは151キロ。3回に味方の2失策に足を引っ張られ2点を失ったが、それ以外はスライダー、フォーク、「ケガをしていなかったら覚えていなかった」という新球ツーシームなども交え粘投。チームは1−2で敗れ黒星がついたが「気合の入ったマウンドだった」と手応えを口にした。

 1軍投手陣は故障者続出で火の車。両リーグワーストのチーム防御率5・12と壊滅的状況にある。今季の支配下登録の期限は7月31日だが、視察した真中監督は「2、3日肩の経過をみなければならないが、十分に上(1軍)で通用する球を投げていた」と11年9月以来の1軍復帰を待ち望んでいる。

 “由規頼み”は球団も同じだ。くしくもこの日午前、親会社のヤクルト本社が都内のホテルで定時株主総会を開催した。株主から球団について「今季は投手陣の成績が芳しくない。外国人の獲得やトレードで投手を補強する案はあるのか」と厳しい声が上がった。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。