選手会が異例通達「橋本清氏と関わるな」 反社との橋渡し疑惑 本人は「寝耳に水」 (1/3ページ)

2016.07.23

選手会が橋本氏に異例の措置をとった
選手会が橋本氏に異例の措置をとった【拡大】

  • <p>右から選手会・嶋会長、中日・大島</p>

 プロ野球12球団の選手会が、現役引退後も評論家として活躍している元巨人投手の橋本清氏(47)と選手との交際を禁止する申し合わせをしていたことが21日までに分かった。日本野球機構(NPB)が徹底マークしている元暴力団員との交際疑惑が原因とみられる。球界では巨人の現役4投手が解雇となった野球賭博事件、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕され有罪が確定した巨人OB・清原和博氏の一件など不祥事が続発。温床となる反社会勢力の徹底排除に向け、大物OBに異例の措置を取った。

 福岡市内で15日に開かれた労組・日本プロ野球選手会の臨時大会。来春のワールド・ベースボール・クラシックや、今季導入され現場で混乱が広がったコリジョン(衝突)ルールが議題に上がったが、これだけではなかった。

 球界関係者は「今後は橋本さんとの付き合いをやめるよう、選手会を通じて各球団の選手に通達することになった」と明かす。時節柄、反社会勢力への注意を改めて喚起するならまだしも、12球団の選手たちが足並みをそろえ特定の個人との交際を禁じるのは異例。しかも表沙汰にせず非公式の申し合わせとなった。

 当事者となった橋本氏は、これまで野球協約違反などでNPBから処分を受けたことや、警察に厄介になるような違法行為や不祥事を起こしたこともない。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。