選手会が異例通達「橋本清氏と関わるな」 反社との橋渡し疑惑 本人は「寝耳に水」 (2/3ページ)

2016.07.23

選手会が橋本氏に異例の措置をとった
選手会が橋本氏に異例の措置をとった【拡大】

  • <p>右から選手会・嶋会長、中日・大島</p>

 高校時代は名門・PL学園のエースとして1987年の甲子園大会で春夏連覇。同年のドラフトで巨人に1位指名され入団。長嶋監督が率いたチームでセットアッパーを務めた。2001年の現役引退後は、華やかな球歴と軽妙な語り口、そして幅広い人脈を買われて、テレビやラジオでの解説、新聞や雑誌での評論活動などを行ってきた。

 ただ、球界内外の広い交友関係はアダにもなる。以前所属していた芸能事務所は裏社会との関わりが疑われ、橋本氏を介して巨人の現役選手との間でトラブルに発展したこともあった。

 在京球団フロント関係者は「6月末にNPBからある元暴力団員の手配書が回ってきて、顔写真や氏名などが詳しく書かれてあった。球場にも頻繁に出入りしている。橋本さんに関して公式なものはないが、今回の選手会の動きもこれとセットの話だろう」と認識する。

 選手会関係者は「そういう(反社の)人に選手を引き合わせるのはまずい、ということ」と説明。暴力団員等との交際、金品の授受、饗応などを禁じた野球協約180条を念頭に置いた措置ということになる。

 橋本氏は高校で2学年上だった清原氏と寮で同部屋になって以来、交流してきた。2月の清原氏の逮捕後は関連を疑う憶測が飛び交ったが、今春の巨人キャンプを取材で訪れた際は門前払いを食うこともなく高橋監督と歓談。気心の知れた間柄をアピールしていた。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。