歓喜ON五輪秘話 長嶋氏忘れられない64年 20年東京で野球正式復活 (1/2ページ)

2016.08.05

野球の復活は長嶋氏と王氏の悲願だ
野球の復活は長嶋氏と王氏の悲願だ【拡大】

  • <p>野球の復活は長嶋氏と王氏の悲願だ</p>

 2020年東京五輪で野球の復活が正式に決定。わがことのように喜んでいるのが日本球界の至宝、ONコンビだ。

 巨人・長嶋茂雄終身名誉監督(80)にとって、1964年東京五輪は生涯忘れられない思い出だ。スポーツ紙の五輪関連の仕事で出会った亜希子夫人にひと目惚れ。電話攻勢でスピード結婚を決めたからだ。

 この年に巨人でシーズン55本塁打を放ち日本記録(当時)を樹立したソフトバンク・王貞治球団会長(76)は、電撃結婚の相手を知って仰天。

 「55本塁打の新記録は達成したが、この年、巨人は優勝できなかった。ミスターと一緒にスポーツ紙のコラムの仕事があり、コンパニオンの人たちをインタビューした。ミスターの相手がその内の1人だったんだから、驚いたのなんのって」

 長嶋氏の五輪好きは、亜希子夫人との出会いの場になった東京五輪抜きには語れない。同時に、五輪にはいまだ痛恨の思いがある。

 初のオールプロで臨んだ2004年アテネ五輪で日本代表監督に就任。アジア予選をトップ通過したが、本戦を前に脳梗塞で倒れ出場を断念した。08年北京五輪で日本代表監督への復帰を目指したが実現せず。この大会を最後に野球は五輪から消えた。

 そんな経緯があるだけに、野球の復活は夢のようだろう。それだけに長嶋氏を日本代表のゼネラルマネジャー的な立場で招く必要がある。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。