無名時代から這い上がってきた広島・黒田に残された“最後のノルマ” (1/3ページ)

2016.09.13

 広島・黒田は歓喜の優勝から一夜あけた11日、東京ドームの外野を黙々と走っていた
 広島・黒田は歓喜の優勝から一夜あけた11日、東京ドームの外野を黙々と走っていた【拡大】

  • <p>10日のリーグ優勝直後、黒田は打のリーダー新井と抱き合って男泣き</p>

 25年ぶりのセ・リーグ優勝を決めた広島は、歓喜の胴上げから一夜明けた11日、エース・黒田博樹投手(41)の出場選手登録を抹消した。黒田は自身初参戦となるクライマックスシリーズ(CS)、日本シリーズへ向けた調整に入った。優勝の原動力となった力投で、長い間ささやかれた“勝ち運のない男”というイメージを払拭したが、いまや満身創痍。来季の現役続行は予断を許さないが、“男気右腕”には最後に残されたノルマがある。 (宮脇広久)

 11日の試合前、黒田は東京ドームの外野を走っていた。「後は体を万全にして、CSにしっかりとした状態で入れるようにしたい」。勝利の美酒に酔いしれた一夜から気持ちを切り替えた。

 9勝8敗、防御率3・17。14勝でリーグ最多に並ぶ同僚のジョンソン、野村とは違い、タイトル争いに絡んでいないため出場登録を抹消。約1カ月後のCSファイナルステージ(10月12日開幕、マツダ)へ向け調整を優先することになった。

 畝投手コーチは「CSの先発要員は3人(黒田、ジョンソン、野村)決まっているが、その後は模索中。(2年目右腕の)薮田か、(ドラフト1位の)岡田か、(故障離脱中の)福井なのか」と明かす。日米通算20年目のベテランは、ポストシーズンでも先発の柱として計算されている。

 黒田は今季の優勝を果たすまで栄光と無縁の野球人生を送ってきた。強豪の大阪・上宮高時代は3番手投手で、チームも春夏通じて甲子園の出場はない。セレクションに合格して進学した専大も当初は東都リーグ2部。自身の活躍で4年春に同1部に押し上げた。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。