貧打解消が急務の巨人、ロッテ・デスパイネに熱視線 今季で契約切れ また他球団から? (1/2ページ)

2016.09.15

巨人は来季のV奪回への補強候補としてデスパイネに熱視線を送っている
巨人は来季のV奪回への補強候補としてデスパイネに熱視線を送っている【拡大】

  • <p>巨人は来季のV奪回への補強候補としてデスパイネに熱視線を送っている</p>

 2年連続でセ・リーグ優勝を逃した巨人が、来季の新主砲候補としてロッテのアルフレド・デスパイネ外野手(30)に照準を合わせていることが13日、分かった。高橋由伸監督(41)の就任1年目の今季は、打線強化を最重要課題として米大リーグで通算122本塁打を記録したギャレット・ジョーンズ外野手(35)を補強したが中軸に定着できていない事情がある。来日3年目の今季、ロッテの不動の4番として安定した成績を残すキューバの大砲に、3年ぶりの覇権奪回を託す構えだ。 (笹森倫)

 今年1月のスタッフ会議で、高橋監督は「チーム打率は・260−265くらいを目標に。それくらいに上がることで、1試合の平均得点も4点前後にはなる」と打線再建の青写真を描いた。

 だが、ここまでの129試合でチーム打率・250、1試合平均3・7得点。リーグ覇者・広島の同・275、4・8得点に水をあけられている。

 個人に目を向ければ、近年は低調な打撃が続いていた坂本が打率・347でもっかリーグ首位打者。22本塁打を記録し2010年以来6年ぶりに20本の壁を破った。昨季は自己最低の成績だった村田も打率・293、19本塁打と復活を印象づけている。だが、ともに打線の中心である4番には1度も座っていない。

 長く4番を務めてきた阿部にかわり、年俸3億円+出来高の契約で加入したギャレットは、新主砲として期待され開幕から4番を張った。だが攻守に精彩を欠き5月下旬に2軍落ち。6月の再昇格後は主に下位打線に入り22本塁打を放っているが得点圏打率・200、58打点は物足りない。

 代役として新加入のクルーズや長野が4番を務め、7月下旬からは阿部が“元サヤ”に収まった打線は夏場に活性化したが、4番の打棒が下降線をたどるにつれチームも優勝争いから脱落した。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。