広島・新井が大活躍した価値 個人記録より大きいもの (1/2ページ)

2016.09.23

39歳の新井が広島の25年ぶりリーグ優勝の原動力だ
39歳の新井が広島の25年ぶりリーグ優勝の原動力だ【拡大】

 広島の25年ぶりのリーグ優勝の原動力となった新井貴浩内野手(39)は、もっか打率・299、18本塁打、98打点をマークしている。

 打点王を獲得すれば、1978年の王貞治さん(現ソフトバンク球団会長)を抜いてリーグ史上最年長で戴冠となる。さらに2打点以上を加えれば『歴代年長100打点ランキング』の5位に相当するとか。ちなみに、この部門のトップは楽天時代の2009年に40歳10カ月(同年10月1日時点)で107打点を記録した僕なのだそうだ。

 当時の僕と新井では決定的な違いがある。僕は大部分がDH。セの新井は交流戦以外は守りながら試合に出ていただけにプラスアルファの評価を受けるべきだ。

 今季は首脳陣の計らいで適度に先発を外れたりして休養を入れているが、自分から「休みたい」といえないタイプ。「試合に出てナンボ」と考える典型的な昭和の人間だ。そうでなければアラフォーにしてあれだけの数字は残せない。

 どれだけ体調を保てるかが重要な年齢でもある。僕は食事に出かけても疲れや眠気を感じたら無理せず、帰って寝ることを心がけていた。

 また楽天での06年、38歳のときに当時の野村克也監督と出会い、それまでの野球観が180度変わる経験をした。若い頃は単に「きた球を打つ」という考えで本塁打王を獲得したこともあったが、データを分析して配球を読むことを教わり、39歳の07年には本塁打、打点の2冠王。09年にも107打点をマークできた。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。