SB松坂の「おっぱいと腹が揺れてる!」 楽天選手もビックリ (1/2ページ)

2016.10.04

想像を絶する制球難で炎上した松坂。来季も「×」というわけではないだろうが
想像を絶する制球難で炎上した松坂。来季も「×」というわけではないだろうが【拡大】

 そもそものつまずきはどこにあったのか。ソフトバンク・松坂大輔投手(36)が2日の楽天戦(コボスタ宮城)で日本球界復帰後初の1軍公式戦登板。

 本人は「結果の良しあしに関わらず1軍で投げられたのはよかった」と前向きだったが、内容は1回3安打4四死球で5失点の大炎上だった。

 「岩崎に代わりまして、ピッチャー松坂」。8回に投手交代が告げられると、2万5222人のファンは大歓声で歓迎。だが、直後に惨劇の幕が開いた。

 投球練習の7球で1球もストライクが入らない。果たせるかな、先頭の嶋に四球を与えると、続く島内にはバントの構えで揺さぶられ、スライダーを引っかけ死球。楽天・梨田監督の粋な配慮で西武時代の同僚である松井稼が代打で登場したが、1球目を左足にぶつける死球でぶち壊した。さらにペゲーロに押し出し四球を与え、1度のスイングもないまま1点献上。その後も内野ゴロ、捕逸、暴投に3連打と炎上は続いた。

 「おっぱいと腹が揺れてる!」。試合前、ランニングをする松坂の体形を見た楽天選手から驚きの声が上がったほど、その体は重そうだった。

 昨季は3月のオープン戦期間中にインフルエンザに罹患。後れを取り戻そうと急ピッチで調整を進めた結果、右肩の故障が発生し8月にメスを入れた。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。