Bクラス転落の金本虎を意外にも高評価する面々 ナイター中継スポンサーも“合格点”のワケ

2016.10.07

不本意な成績に終わった金本監督だが、うつむいてはいない
不本意な成績に終わった金本監督だが、うつむいてはいない【拡大】

 就任1年目にチームを4年ぶりのBクラスに転落させる結果となった阪神・金本知憲監督(48)だが、周囲の評価は意外に高い。

 5日には大阪市内で坂井オーナーにシーズン終了報告。補強がままならず戦力がそろわなかったことに「苦労をかけたね」とねぎらいの言葉をかけられた。普段チームの成績不振に敏感に反応する、ナイター中継のスポンサーも、1年目の金本阪神に“合格点”を与える。

 在阪メディア関係者は「例えばラジオ中継は、1試合平均10社ほど提供がつきます。阪神戦中継は、局の大きな収入源に直結する重要コンテンツです」と説明。

 現在、来季の中継へ向けて営業をかけている最中の時期だが、「この成績でも、今季並みかそれ以上のスポンサーが集まりそうで助かる」と胸をなで下ろしている。

 要因は、金本監督のネームバリューにある。「企業の予算を握る担当者には、金本監督と同世代の方もおり、その手腕に共感している。現役時代同様に人気があり、こちらがサイン色紙やボールを贈呈すると大変喜んでもらえる。和田前監督、真弓元監督時代にはなかった現象です」(同)とホクホク。

 チームもベテランから若手に顔ぶれが変わり「高山、北條らフレッシュな選手も多く新鮮さを感じている」(同)。

 金本監督自身「(今季は)率直に言うと、苦しく、辛い、我慢(の1年)。けれど、若手が育ったので楽しいシーズンでもありました」と笑顔をみせた。来季も同様となればともかく、1年の低迷だけで“切り札”への期待感はそう衰えるものではないようだ。 (山戸英州)

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。