須藤豊氏が由伸巨人に提言 終始準備不足で「抑え・沢村」に限界 (1/2ページ)

2016.10.13

シーズン終盤不振に陥った沢村をもう少し早く配置転換しておけば
シーズン終盤不振に陥った沢村をもう少し早く配置転換しておけば【拡大】

★敗因編

 ペナントレースは優勝の広島に17・5ゲームの大差で2位。クライマックスシリーズ(CS)もファーストステージで3位の横浜DeNAに敗れ、高橋由伸監督(41)就任1年目の巨人は終戦した。斜陽のチームの打開策を、元巨人ヘッドコーチの夕刊フジ評論家、須藤豊氏が2回にわたって提言する。

 DeNAのCS勝ち上がりの要因は、球団初のCS進出の勢いだけではない。横浜スタジアムで社会人チームと練習試合を4試合こなすという、思い切った方法で実戦感覚を維持した。緊張感はユニホームの違う相手と戦わないと生まれない。いい調整だったと思う。

 一方の巨人は、宮崎で合宿を張り実戦2試合をこなす予定だったが、台風の影響で中止に。東京ドームでシート打撃程度しかできなかった。

 また、私はレギュラーシーズン通りの戦い方ではCSは勝てないと再三指摘してきた。打順こそ組み替えたが、抑えは沢村のまま第1戦で致命的な失点。第2戦でようやくマシソンと配置転換したが、体調不良の菅野が登板できない大誤算をカバーしきれなかった。昨秋の監督就任の経緯から、最後まで準備不足が響いた。酷な言い方になるが、広島まで行ってコテンパンにやられ、恥をかかなくてよかったのかもしれない。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。