中日・森新監督まさかの“造反” 助っ人ルート新設…“落合GM離れ”現象 (1/2ページ)

2016.10.18

落合GMの腹心といわれる森新監督だが、独自色も打ち出しつつある
落合GMの腹心といわれる森新監督だが、独自色も打ち出しつつある【拡大】

 ナゴヤ球場で秋季練習を指揮する中日・森繁和新監督(61)の“落合GM離れ”現象が目につく。落合GMの腹心といわれてきた森新監督の豹変ぶりの裏事情とは。

 中日の外国人獲得ルートといえばドミニカと決まっていた。ところが、新たにキューバ出身のオマール・リナレス巡回コーチがキューバ選手の調査を担当するという。中日のドミニカルートは、落合監督政権下でヘッドコーチだった森新監督が「国際渉外担当」を兼務。オフになるとドミニカへ足を運び、西武時代から親交のある“マルちゃん”ことドミンゴ・マルティネス氏との間で新外国人選手獲得を決めていた。

 落合監督=森ヘッドコーチ=マルティネス氏のトライアングルネットワークは、球界内では広く知られている。それなのに、今オフはリナレス巡回コーチのキューバルートを新設したのだ。

 白井文吾オーナーとのホットラインを最大の武器に監督時代から球団に君臨していた落合GMだが、今季中に谷繁監督を解任してからは逆風が吹き荒れている。ナゴヤドームでの最終戦後にスタンドのファンから前代未聞の落合GM解任要求コールが起こったほどだ。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。