阪神が大胆な“全員采配” 刺激与えて精神強化のユニーク練習 (1/2ページ)

2016.10.25

金本監督は実戦練習の中で、選手に“監督代行”を経験させる
金本監督は実戦練習の中で、選手に“監督代行”を経験させる【拡大】

 阪神・金本知憲監督(48)が29日から始まる高知・安芸での秋季キャンプで、各選手に“指揮権”を委ねるユニーク練習を導入する。

 Bクラスに沈んだ今季を振り返り、選手の精神面強化が不可欠と強調する指揮官。その一環として、より実戦的な紅白戦やケース打撃を数多く実施し「何イニングかは、タイブレークのような形を想定している」。

 攻撃側が1点ビハインド、守備側が1点リードの状況を設定。無死一、三塁や二、三塁などの状況からスタートする。サイン自体は指揮官が出すが、作戦を各選手持ち回りで立てさせる。

 「(選手の)野球勘を鍛えたい」と意図を説明。勝敗は、緊張感を持たせるために合計点数ではなく、サイン内容の達成具合のポイント制で決める構想だ。

 「何か(ペナルティーを)やらないと。選手は怖い(思いをしながら練習する)と思うよ」と話し、敗戦側には罰走などを課す意向も示唆した。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。