広島・緒方監督、神ってる采配の裏 “新井外し”に黒田の第3戦先発 (1/3ページ)

2016.10.25

日本シリーズ初采配とは思えない胆力を見せる緒方監督
日本シリーズ初采配とは思えない胆力を見せる緒方監督【拡大】

  • <p>新井は第2戦前の打撃練習で元気いっぱいだったが、試合は出番なしに終わった</p>

 「SMBC日本シリーズ2016」は、広島が“二刀流”大谷を攻略した第1戦に続き、23日の第2戦にも快勝。本拠地マツダスタジアムで連勝を飾り、25日の第3戦から敵地の札幌ドームに乗り込む。下馬評を覆す圧倒ぶりは、緒方孝市監督(47)発信の流行語『神ってる』に集約されがちだが、好発進は神がかった奇跡でも偶然でもない。その裏には指揮官の肝の据わった采配、相手を熟知した参謀の存在など、きちんとした根拠が存在する。 (塚沢健太郎)

 連勝スタートも予想外だったが、チームを率いる緒方監督の腹の据わった采配ぶりにも驚かされる。その象徴の1つが“新井外し”である。

 第1、2戦ともに、レギュラーシーズン101打点の新井をあえてベンチに置き、代わりに松山を今季15試合しか務めていない4番に抜擢した。相手の先発は第1戦が大谷、第2戦が増井。ともに右の速球派で、相性を重視した。

 コーチ陣は「シーズンどおり」と平然としたものだったが、日本シリーズの大舞台でチームの主軸をいきなり2試合スタメンから外すのは、かなり勇気がいることだ。

 ある広島OBは緒方監督について「現役時代は頑固な性格だったが、指導者になりすごく周りの意見を聞いて、いろんなものを取り入れるようになった」と目を細める。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。