日本ハム・大谷、二刀流の売り込みより「野球を世界へ」広めたい 侍J集結で“神視点”披露 (1/2ページ)

2016.11.08

バットを手に笑顔の大谷。余裕の表情で練習をこなした
バットを手に笑顔の大谷。余裕の表情で練習をこなした【拡大】

 “二刀流”で異次元プレーを見せる日本ハム・大谷翔平投手(22)。初参加となる来春のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)についても、一選手の次元を飛び超えた“神視点”を披露した。

 野球日本代表「侍ジャパン」が6日、QVCマリンフィールドに集結。10日から東京ドームで行われるメキシコ、オランダとの強化試合に向けて練習を開始した。

 最大の注目は当然、大谷。今回の代表戦4試合は疲労を考慮され投手では登板しないが、キャッチボールや投内連携などの練習メニューは投手組でこなした。一方で投手組では唯一、フリー打撃に参加し7本の柵越えを含め快音を響かせた。

 小久保監督は「日本を代表する長距離砲と比べても遜色ない。4番は考えていないが、十分打撃はクリーンアップに入ってくる」と絶賛しつつ、数試合は代打起用にとどめる方針。来年3月の第4回WBCでは投手メーンの二刀流起用を想定しているため、「先発で固定して考えると、本番につながらない」との考えからだ。日本ハムでも登板日の前後は「打者・大谷」を先発で使わず、代打出場にとどめている。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。