球界のご意見番・張本氏が大暴れ! 日本ハム・大谷受賞“却下”、「バッテリー賞」表彰式で“喝” (1/2ページ)

2016.12.15

大御所の張本氏(右)は大谷、有藤氏(左)は石川を一刀両断
大御所の張本氏(右)は大谷、有藤氏(左)は石川を一刀両断【拡大】

 通算3085安打の張本勲氏(76)がまたもや、二刀流・大谷をチヤホヤする球界に一石を投じた。

 「2016プロ野球最優秀バッテリー賞」の表彰式が13日に都内で行われ、パ・リーグはロッテ・石川歩投手(28)、田村龍弘捕手(22)。セ・リーグは広島・野村祐輔投手(27)、石原慶幸捕手(37)が受賞。しかし主役もかすむ存在感をみせつけたのが、選考委員の張本氏だった。

 「大谷(日本ハム)を推薦する人も2、3人いたんですが(実際は10人中4人)、私は『それはおかしいんじゃないか? 規則に達していない。人気投票じゃないんだ』と。われわれ選考委員が笑われる」と選考経過を明かした。

 同賞の選考基準に「1年を通じて活躍したことを最低条件とする」とあることから、張本氏は、夏場に右手中指のマメを潰して約2カ月間先発を回避した大谷の受賞に反対したという。

 張本氏は11月27日にTBS系「サンデーモーニング」に出演した際も、今季規定投球回数にも規定打席数にも達していない大谷が投手とDHの両方でベストナインに選出されたことに、「規定があるのに話題性、人気で選んだんじゃないか」と疑問を呈した。さらに今月11日の同番組では、「私が大谷のことを言おうと思ったら『難癖をつける連中が多いから、ハリさん、あまり厳しいことを言うなよ』といわれた」とぶちまけ、それでも「これからもビシビシ言いますからね」と宣言した経緯がある。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。