清原和博氏、現役時代の「興奮剤」使用認めた!外国人選手に勧められ…

2016.12.30

清原和博氏
清原和博氏【拡大】

 覚せい剤取締法違反で5月に有罪判決を受けた元プロ野球選手の清原和博氏(49)は29日に放送されたTBSテレビの番組で、現役時代に「グリーニー」と呼ばれる興奮剤を使用したことを告白した。

 現役時の薬物使用について問われ「グリーニーを使用していました」と話し、集中力が高まるとして外国人選手に勧められたのがきっかけだと説明した。

 「グリーニー」は米野球界で興奮剤を指す俗称。大リーグでは2006年から禁止薬物に指定された。日本のプロ野球は06年にドーピング検査を試験的に導入した。07年から本格的に実施し、興奮剤も禁止薬物に指定された。

 清原氏は使用時期については言及しなかった。西武、巨人、オリックスでプレーし、08年限りで引退している。

▼簡単登録の『プッシュ通知』始めました。詳しくはこちらへ

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。