巨人が新人15人に“特守” 野球賭博再発防止へ、寮長の生々しい言葉 (1/2ページ)

2017.01.11

生々しい講義に、ドラ1の吉川尚(中央)らは思わず居ずまいを正した
生々しい講義に、ドラ1の吉川尚(中央)らは思わず居ずまいを正した【拡大】

 野球賭博事件で4選手が球界を追われた巨人。高木京介元投手(27)の失格処分の満了を控え、“平成の黒い霧”の温床となった選手寮を異例の体制で立て直す。

 新人15選手は9日、川崎市のジャイアンツ球場で合同自主トレーニングを開始。帰寮後は座学の新人研修会も始まり、「巨人軍選手として」と題して野球賭博事件を中心に講義が行われた。

 事件の中核となった笠原元投手は法廷などで、寮で先輩に誘われて賭け事にのめり込み、延長線上で野球賭博に手を出したと語った。わずか数年前に舞台となった、その寮での講義は生々しい。

 不祥事再発防止のため2015年末に紀律委員会が発足。今月1日付で、寮を総務人事部から紀律委事務局の直轄に移管し、松尾英治事務局長が自ら寮長に就任するという、球界でも例のない徹底的な管理体制が始動した。

 松尾寮長もこの日講師を務め「現実にこういうことがあったんだよ、と僕の言葉で伝えた。(解雇された)4人は才能もあったが、スキもあった。われわれも指導不足だったと」。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。