マニー・ラミレス、YOUは何しに日本へ? 四国IL・高知で“月給40万円”生活、44歳史上最高級主砲の本当の目的 (1/2ページ)

2017.01.11

ラミレスは2007年には地区シリーズで劇的なサヨナラ3ランを放つなど世界一に貢献(撮影・リョウ薮下)
ラミレスは2007年には地区シリーズで劇的なサヨナラ3ランを放つなど世界一に貢献(撮影・リョウ薮下)【拡大】

  • <p>ラミレスはフロリダ州マイアミで、契約合意に達した高知の球団関係者と写真撮影(高知ファイティングドッグス球団提供)</p>

 まさか、まさかの一大事だ。野球の独立リーグ、四国アイランドリーグplusの高知が9日、米大リーグ・インディアンス、レッドソックスなどで活躍しメジャー通算555本塁打を誇るマニー・ラミレス外野手(44)と契約合意に達したと発表。NPB(日本野球機構)12球団を含め過去に来日した外国人の中でも最高級のスーパースター。メジャー史上屈指の高給取りでもあった男が、月給40万円が精いっぱいの日本の独立リーグに身をなげうつ理由は何か。また、メジャー時代にドーピング検査で出場停止に至った一件はどうなっているのか。そして、果たしてまだ打てるのか。

 ラミレスは球団ホームページに「日本でプレーすることを強く希望していました。現役選手としてプレーすることにこだわっているので、高知球団に受け入れてもらって感謝しています。日本でプレーしている事をとても楽しみにしています。ぜひ見に来てください」とコメントした。

 ドミニカ共和国出身の大砲はインディアンス時代の1999年にア・リーグ打点王(165打点)に輝き、2001年に移籍したレッドソックスでも本塁打王やワールドシリーズMVPを獲得した。

 しかしドジャース時代の09年にはドーピング検査で陽性反応を示し50試合の出場停止処分。レイズ移籍後の11年にも春季キャンプ中のドーピング検査で再び陽性反応を示し100試合の出場停止処分を受け、同4月に一時引退を表明した。

 以降も米マイナー、台湾プロ野球などでプレーしてきた経緯がある。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。