大型補強の巨人に江本氏「一致団結の気分にならんでしょう」 (1/2ページ)

2017.01.28

 ベテランにも若手にも、生え抜きにも新加入選手にも、それぞれの思惑がありそうなことが透けて見える、キャンプイン前のプロ野球・読売巨人軍の人脈図。巨大戦力に30億の大型補強組が加わったことで、どんどん複雑さを増している。それは、キャンプ前の自主トレで様々な派閥の存在が表面化したことにも表れている。代表的なのが坂本勇人(28)や長野久義(32)が所属する「チーム・サカチョー」や、阿部慎之介(37)と小林誠司(27)の捕手師弟コンビだ。

 そんな中、5年15億円という大型契約を結んだ陽岱鋼(30、日ハムから)は、川崎市のジャイアンツ球場で新人と一緒に調整している。

 「巨人の雰囲気に慣れたいというのが表向きの理由ですが、定位置を競い合う長野のいるグアムや亀井善行(34)のいる宮崎には行きにくいという事情もあるのでしょうか」(巨人OB)

 巨人の今年の戦力について、辛口評論で知られる江本孟紀氏はこういう。

NEWSポストセブン

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。