WBC消滅の決定打…日本ハム・大谷、投手辞退の余波 CM、広告も撮り直し「誰を中心にすればいいのか」 (2/2ページ)

2017.02.03

09年の連覇達成は日本中を歓喜させたが、WBC自体が存亡の危機だ
09年の連覇達成は日本中を歓喜させたが、WBC自体が存亡の危機だ【拡大】

 かつて東大、プロ野球・ロッテで投手として活躍し、引退後ソフトバンクの球団取締役としてチームの運営にも携わった江戸川大学・小林至教授は「WBCは米国側が当初想定していた以上に、日本で盛り上がりました。日本の野球人気の低落に歯止めをかけるのにも、絶大な効果がありました。日本代表の2006、09年の大会連覇を見て野球に憧れた子供は多いはずです」と指摘。

 対照的に、米国のファンの大多数にとって、WBCへの関心度は大リーグのオープン戦以下。いまやメジャー各球団も主力投手の派遣には応じないケースがほとんどだ。

 小林教授は「大谷の辞退で、日本のファンの“WBC熱”が冷めてしまうおそれはありますね。日本で価値がなくなったら、WBCはオワリです。それは間違いありません」と断言する。

 1人の選手の動向が、WBC消滅の決定打になるかもしれないわけだ。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。