イチロー、守備練習中に衝突 メジャー初のトレーナー室行き、バーンズにイタズラも「お前はクビだ」 (1/2ページ)

2017.02.23

バーンズと接触したイチロー(共同)
バーンズと接触したイチロー(共同)【拡大】

  • <p>守備練習中にイチローと接触し負傷を負わせたマーリンズのバーンズは、練習後に冗談でロッカーに張られたイチロー直筆サイン入り”クビ宣告書”を手に笑顔=21日、ジュピター(撮影・リョウ薮下)</p>

 マーリンズのイチロー外野手(43)が21日、フロリダ州のキャンプ中の守備練習で同僚選手と衝突。右ひざと腰を負傷し、トレーナー室で治療を受けた。22日は全体練習から外れ、別メニューで調整した。イチローがグラウンド上でけがをして治療を受けるのは大リーグでは初めて。

 中堅の守備位置にいたイチローは右中間への飛球で、右翼のブランドン・バーンズ外野手(30)と交錯。2人のひざがぶつかった。右ひざ上に直径3センチほどのこぶができ、しばらく練習を続けたが、その後の打撃練習には加わらずに引き揚げた。

 「大丈夫じゃないっすよ。(治療で)トレーナー室に入ったのは初めて。以前、ここに来たのはバンドエイドを取りにきたときだったから、僕のキャリアで最長の滞在になった。腰にもきている。そっちの方が後々心配。明日(22日の練習復帰)はないね」

 けがは数日間で回復するものとみられているが、マイナーの招待選手のバーンズは恐縮しきり。「彼はレジェンド。そんな選手をトレーナー室に初めて送り込んだ人間になってしまった。申し訳ない」

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。