ソフトバンク・工藤監督、どっしり構えV奪回 ’17パ順位、夕刊フジ精鋭6記者が大予想 (1/4ページ)

2017.04.03

工藤監督の目前でフリー打撃を披露するデスパイネ。鬼に金棒とはこのことだ
工藤監督の目前でフリー打撃を披露するデスパイネ。鬼に金棒とはこのことだ【拡大】

  • <p>千葉ロッテの伊東監督</p>
  • <p>日本ハムの中田翔</p>

 夕刊フジの精鋭6記者によるパ・リーグの今季順位大予想。4人が戦力に勝るソフトバンク推しだが、1人は昨季覇者・日本ハム、1人はなんとロッテの優勝を敢然と予想した。

 ■ソフトバンク工藤監督どっしり プロ野球一筋46年・江尻良文

 (1)ソフトバンク(2)日本ハム(3)ロッテ(4)楽天(5)西武(6)オリックス

 評論家諸氏の順位予想を見ても、ソフトバンク優勝が圧倒的。日本ハムはチラホラ。サプライズは元巨人・桑田真澄氏の「ロッテ1位」。理由は涌井&石川のダブルエースを柱とした投手力だ。

 しかし、V奪回がノルマのソフトバンクと連覇を目指す日本ハムのマッチレースは避けられないとみる。勝負の分かれ目は、ソフトバンクの「前代未聞の工藤監督契約延長」vs日本ハムの「二刀流・大谷翔平2年連続のケガの功名」の成否だ。

 昨季リーグ3連覇に失敗。今季は3年契約最終年で正念場の工藤監督となるはずが、オフに改めて2年間延長。球界の常識を覆すソフトバンクのサプライズには遠謀深慮が見え隠れする。

 2位・日本ハムと11・5差ものリードがあったのに、工藤監督1人がドタバタ。自滅してのV逸にコーチ陣、ナインに対する求心力は一気に低下した。今季が“カド番”ではV奪回はおぼつかない。そこで契約延長でコーチ陣、ナインの“工藤離れ”を食い止める遠謀深慮だろう。

 日本ハムのリーグ連覇は、2年連続で大谷のケガの功名がなるか次第だ。週一の先発ができない代わりに毎試合打者としてフル貢献。こちらの方がチームの白星が増える。とはいえ、タナボタで連覇は虫が良すぎる。工藤監督がジタバタしなければ、ソフトバンクのV奪回で決まりだろう。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。