危機一髪!ヤクルト・山田、“学生服ストーカー”が「サインくれ」と報道陣押しのけ突進 (1/2ページ)

2017.05.11

山田は老若男女を問わず人気を集めている
山田は老若男女を問わず人気を集めている【拡大】

 ヤクルト・山田哲人内野手(24)は、チームが延長12回サヨナラ勝ちを収めた9日の広島戦(神宮)で4回に中前適時打を放つなど、開幕直後の不振を脱しつつある。しかし実はこの日の試合前、身の毛もよだつ経験をさせられていた。

 この日の神宮球場は東都大学リーグと併用日。ヤクルトの選手たちは試合前、クラブハウスから神宮外苑の室内練習場まで徒歩や自転車で移動して練習する。

 チームでダントツの人気を誇る山田が報道陣と談笑しながら練習に向かっていたときのこと。学生服を着た男性ファンが突然「サインをくれるって言ったのに、全然くれないじゃないですか! ○○駅でも約束したのに」と真偽不明の言葉を口走りながら報道陣を押しのけ山田に突進。

 移動中は周囲の危険を考えてサインをしないことにしている山田だが、ただならぬ様子に「危険を感じた。サインしないとあの場は収まらない」と判断し色紙にペンを走らせた。

 しかしそれでも終わらず、なおもサインを求めたため、温厚な山田も「それはただのわがままやろ。もう書いたから!」と制した。

 「正直言って、目が据わってて怖かった。あんな強引なやり方はダメ。周りも危ない」と思わぬ出来事に眉をひそめた山田を守るため、練習からの帰りは報道陣がぐるりと囲む陣形を作りクラブハウスまで送り届けたほどだ。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。