久慈コーチ怒り心頭!阪神V大障害の“ザル守備” 球団OB「普通ならBクラスに低迷するチーム状態」 (1/2ページ)

2017.05.12

初回、中井の打球をファンブルした北條。守備が阪神のアキレス腱だ
初回、中井の打球をファンブルした北條。守備が阪神のアキレス腱だ【拡大】

 阪神12年ぶりのV奪回の大障害、それはチーム失策数が12球団ワーストの31(10日現在)に上る“ザル守備”だ。

 6連勝で迎えた10日の巨人戦(東京ドーム)も、初回無死一塁で、中井の打球を遊撃・北條史也内野手(22)がファンブルしピンチを広げ、1死後阿部に先制2ランを浴びた。

 バットでは6回に左中間を破る2点二塁打を放った北條だが、対照的にお粗末な守備に、久慈内野守備走塁コーチは怒り心頭。

 「見ていてどう思った?」

 試合後、久慈コーチは夕刊フジ記者に逆質問。「イレギュラーしているかもしれないけどゲッツーの場面だし、あれは捕らないと」とまくし立てた。

 北條は昨季途中から鳥谷に代わり遊撃で出場機会が増えたが、久慈コーチは「実質的には(レギュラー)1年生。守備も向上心を持って練習してはいるが、もっと打撃練習並みに取り組まないとね」と苦言を呈する。

 これで北條の今季失策数はチーム最多の4。今季からサードにコンバートされたベテラン・鳥谷、最近二塁手でスタメン出場が増えているドラフト5位ルーキー・糸原=JX−ENEOS=が3で続く。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。