真央、カギ握るジャンプの構成 前人未到の“封印技”解禁 リスク大も「自分への挑戦」 (1/2ページ)

2014.02.19


SP前日の公式練習で調整する浅田。悲願の「金」獲りに挑む (共同)【拡大】

★ソチ五輪2014

 ■スケート・フィギュアスケート 

 冬季五輪の華、女子フィギュアスケートのショートプログラム(SP)は19日午後7時(日本時間20日午前0時)から始まる。今大会を集大成と位置づける浅田真央(23)=中京大=は、前回バンクーバー大会銀メダルの雪辱を果たすため、4年かけて磨き直した技術と表現力で悲願の金メダルを目指す。カギを握るのはジャンプの構成だ。まずはSPの冒頭に組み込まれる代名詞の“新生トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)”の成功で勢いに乗る。フリーでは当初予定のアクセル2回を封印して1回とし、五輪史上初となるアクセルを含む全6種類の3回転ジャンプを跳ぶ。その数は誰もなしえなかった8回。“エイト・トリプル”という大きな賭けが、金メダル奪取のシナリオとなる。

 浅田はSPで最終30番目に、ショパンの「ノクターン」の曲で滑走する。1つ前は地元ロシア選手権覇者の17歳、アデリナ・ソトニコア。同じくロシアの新生、15歳のユリア・リプニツカヤの演技後で大歓声を引きずっての登場となった団体戦SPと同様、“完全アウェー”が想定されるが、「自分の演技に集中するだけ」と浅田。五輪独特の緊張を払拭できずに大技のトリプルアクセル(3A)で転倒した失敗は繰り返さないという、強い気持ちをみせる。

 戦いは浅田、五輪連覇がかかる23歳の金妍児(キム・ヨナ、韓国)、リプニツカヤの3人を頂点として、僅差が予想されている。採点競技のフィギュアスケートで、勝負の行方を左右するのはいうまでもなく審判団のジャッジだ。「フィギュアはスポーツではなく、芸術」という考えが根強いロシアでの開催という要素も加わる。

 欧州にも同じ考えがあり、2006年トリノ大会では、荒川静香が「派手なジャンプを減らして全体の演技を重視」したフリーで、イナバウアーをはじめとした総合的な芸術性を評価されて金メダルを獲得している。要するに「作戦勝ち」だった。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。