真央16位は「長時間の練習」が原因と指摘 元コーチのタラソワさん

2014.02.20


リンクを見つめる浅田真央(手前)の元コーチ、タチアナ・タラソワさん(奥左)=19日、ロシア・ソチのアイスベルク・パレス(大里直也撮影)【拡大】

 【ソチ=佐々木正明】ロシアフィギュアスケート界の重鎮で、浅田真央の元コーチ、タチアナ・タラソワさん(67)が、19日に行われたソチ五輪フィギュアスケート女子ショートプログラム(SP)で、浅田のトリプルアクセルの失敗に「慌ててしまった」とコメントした。

 タラソワさんはSPを中継した地元テレビ局に、解説者として出演。浅田が16位スタートになったことについて、「長時間の練習」が原因と指摘した。前回のバンクーバー五輪でコーチを組んだ際も、浅田が試合前日になっても、自ら望んで練習をする姿勢に注意したことがあるといい、「大会前に、たくさん練習をすることはまったく正しくない」と解説した。

 一方、バンクーバー五輪金メダリストでSP首位となった韓国代表のキム・ヨナについて、タラソワさんは「ジャンプは良かったがスピードが欠けており、卓越した演技ではない」と指摘。SP2位となったロシア代表のアデリナ・ソトニコワについては、「素晴らしい演技を見せた。彼女のプログラムは芸術性が高い」と評価した。

 タラソワさんは今回の五輪でも、浅田のフリーの振りつけを担当。大会直前の産経新聞の取材に、浅田に「自分の力を信じて。真央に備わっている力がきっと、道を開いてくれるはず」とエールを送っていた。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!