真央の今後は? 引退で年収6億か 27歳で平昌か 転倒から一転完璧演技は「メダル以上の価値」 (1/2ページ)

2014.02.24


ソチ五輪閉会式で笑顔の浅田(中央)。次の舞台はどこに (大里直也撮影)【拡大】

 ソチ五輪の閉会式で笑顔を見せた浅田真央(23)の“第2の人生”に、早くも熱視線が注がれている。大失敗から一転、会心の演技を披露し、列島をもらい泣きさせた結末は、メダル以上の商業価値をもたらしたとの見方も。「プロ転向で年収は倍増する」との予測もあり、真央ちゃんの今後が注目される。

 リラックスした様子で閉会式の雰囲気を楽しむ選手たち。なかでも、仲間との記念撮影で跳びはね、はしゃいだ浅田の表情は晴れやかだった。

 「(五輪が)終わってしまって寂しい気持ちがあります。自分の納得する最高の演技をすることができました」

 大会終了の心情を「寂しい」と表現した浅田。世界選手権(3月26〜29日・さいたまスーパーアリーナ)への出場を明言しているが、20日のフリー演技終了後のインタビューでは、2018年の平昌(ピョンチャン)五輪に向けた挑戦について、「今は後のことは考えていません」と語った。もしも引退となると、気になるのが第2の人生だ。

 「安全策をとらず、小さな可能性でも思いっきりチャレンジし、それをやり遂げた感動はハンパではない。これは、めったに見られないすごいシナリオ。商業的にもメダル以上の価値がある」

 経済アナリストで獨協大学教授の森永卓郎氏はソチでの活躍をこう評価し、莫大な経済価値を生み出すと予測する。

 「真央ちゃんの年収は今でも3億円はあるといわれている。これまでCM料などもスケート連盟が50%取っていたとされる。それがなくなることも考えると、年収は倍増、6億円ぐらいに膨らむのではないか。アイスショーやCM出演など引く手あまたになる」

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。