DeNA・小林晋哉スカウトを直撃 妻は羽生の隣で仰天顔だった日本スケート連盟強化部長

2014.03.15


横浜DeNAの小林晋哉スカウト【拡大】

 ソチ五輪フィギュア男子ショートプログラムで羽生結弦が史上最高の101・45点をたたき出した瞬間、隣で思わず浮かべた“びっくり仰天顔”があまりに印象的だった日本スケート連盟の小林芳子強化部長(58)。実は、夫は元プロ野球選手で、現横浜DeNAの小林晋哉スカウト(61)だ。突然脚光を浴びた夫婦の実像を小林スカウトに聞いた。

 −−フィギュア日本代表選手にイチローの直筆サイン色紙を贈ったとか

 「彼らも同じアスリートとしてイチローを尊敬し興味を持っているみたいだったので、ちょうど神戸で自主トレをしていたイチローに頼みにいきました」

 −−かつてはオリックスの守備コーチとして、若き日のイチローに3時間にも及ぶ外野ノックを浴びせた

 「イチローと田口壮(現評論家)は2人で志願してきて、本当によう練習しました。当時の仰木監督が心配して『いい加減にしておけ』とストップをかけたほど」

 −−ところで、五輪で羽生の隣にいた奥様が注目された

 「本来、あの席に座るのはブライアン・オーサーコーチ。しかし羽生君の後にもブライアンコーチの教え子の演技が控えていたので、『代わりに座っといてくれ』ということだったそうです」

 −−羽生はテレビ番組で「あんなに驚かなくても…」と苦笑していた

 「いえいえ、びっくりするような点数だったでしょう」

 −−奥様自身もフィギュアの五輪選手だったのですか

 「いいえ。現役のフィギュアスケーターだったのは高校生まで。大学卒業後にスケート連盟に入りましたが、ずっと事務系でした」

 −−プロ野球選手とフィギュアスケーターのカップルとは華麗

 「とんでもない。同じ兵庫出身ということで知人の紹介で知り合い、私のプロ3年目に結婚しました。当時の私はもっぱら2軍暮らし。妻も事務。地味なものです」

 ◇

 現在はスカウトとして足を棒にして、アマ選手を発掘したり、トレードを想定しプロ他球団の選手をチェックする日々。いかにも人のよさそうな笑顔を浮かべながら、「今まで妻のことを他人に聞かれることなんてなかったのに」と当惑しきりだった。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。