塩崎桐加「ドキドキ感が魅力」 私服はボーイッシュなのが好き! (1/4ページ)

水上を駆ける美女レーサー

2015.02.20


イラスト・不思議三十郎【拡大】

 チャームポイントを尋ねると「わかりません。逆に教えてください」と照れたように答える。キリリとした目鼻立ちが印象的な美女レーサーだ。ボートレースの魅力を「スピード感、スリル、レース前のドキドキ感」と語る。

 印象深いレースは、「師匠と『今節、絶対とってきます!!』と約束していたレースでした。そのレースで初めて1着をとり、“水神祭”(初勝利や節目の勝利を挙げたレーサーが水面に投げ込まれる行事)を行ってもらったことがうれしかったです。」と、2010年9月27日に地元(三重県)「津レディースチャンピオンカップ」でつかんだ初勝利を振り返る。18歳4カ月、95走目だった。

 師匠は高沖健太選手。「デビューしてから今まで、いろいろな事を全部教えていただいています。技術面だけでなく、レーサーとしてのメンタルな部分、またレーサーとしてだけではなく、1人の人間としてもすごく尊敬しています」という。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。