錦織 順当8強も…BS朝日トラブルで生中継できず ファンは大ブーイング

2015.04.24


危なげなく8強に進出した錦織(AP)【拡大】

 男子テニス「バルセロナ・オープン」シングルス3回戦(23日、スペイン・バルセロナ)

 2連覇を狙う世界ランキング5位の第1シード、錦織圭(25)は3回戦で世界31位のサンティアゴ・ヒラルド(コロンビア)に6−2、6−1でストレート勝ちした。試合は順当勝ちだったが、ハプニングだったのはこの一戦を生中継するはずだったBS朝日。中継トラブルで生の映像を流せず、録画中継に切り替えたことからお茶の間から不満の声が上がった。

 当初、同局は日本時間午後5時から放送時間を確保して、錦織の3回戦を生中継すると告知していたが、同午後6時に試合が始まってからも生中継は始まらなかった。

 同局はその間、2回戦のテイムラズ・ガバシビリ(ロシア)戦を流して時間をつなぎ、結局、3回戦の中継が始まったのは2時間半遅れの同8時半。すでに試合は終わっていたことから録画放送となった。試合終了から約1時間も経過していた。

 録画中継が始まるまで「BS朝日 テニス」のFacebookでは「大変申し訳ありませんが、錦織選手3回戦の放送開始が遅れております」と説明。ようやく3回戦の中継が始まると実況の河路直樹アナは「長々とお待たせいたしました。申し訳ありませんでした」と謝罪したが、生中継を期待していた錦織ファンはおさまらない。

 「もう試合終わって、結果も分かっているので、LIVEで観られなくて残念でした」「ちゃんと中継お願いします」などの声が同アカウントに相次いだ。同局は「原因は調査中。お叱りとともに励ましの声をいただいた」としているが、錦織の奮闘にはふさわしくない締まらない中継となってしまった。

 それでも救われたのは錦織の調子が最高だったこと。ファンの怒りを鎮めるような壮快なプレーぶりで、第1セットの最初4ゲームを連取して勢いに乗り、ヒラルドを寄せ付けなかった。

 「昨年の決勝で当たった相手と3回戦でプレーするのは変な気分。スコアで受ける印象よりもタフな試合だった。大事なところでいいプレーができたので、とてもうれしい」と錦織。

 日本時間24日午後7時半の準々決勝で、ロベルト・バウティスタ(スペイン)と顔を合わせる。準々決勝の放送予定についてBS朝日は、「プロ野球のナイター中継があるため、生中継は予定しておらず、午後11時から録画中継する」としている。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。