錦織、連覇! 英紙「全仏V候補浮上」 クルム伊達抜き日本選手最多ツアー通算9勝目 (2/3ページ)

2015.04.27


優勝カップを掲げる錦織(共同)【拡大】

 第1セット第1ゲームをダブルフォールトやフォアハンドのエラーで落とし、すぐに第2ゲームをラブゲームで取り返したが、ストロークで押し込まれる場面が目立った。

 ようやく5−4で迎えた第10ゲームで相手サーブを破り第1セットを取ったが、第2セットも第1ゲームでサービスを落として苦戦。積極的にネットダッシュで攻められ、ドロップショットで翻弄された。錦織の弱点とされるセカンドサーブを回り込んで叩き込まれる場面が何度も見られた。

 それでも錦織は粘り、3−4とリードされた第8ゲームで強烈なリターンを決めてブレークして追いつくと、最後は本来の攻撃力を発揮した。まるでハードコートでプレーするようにベースライン内側に入り、高い打点からの攻撃。球足が遅く、バウンドの高いクレーコートでの新しい戦い方を会得したかのようだった。

 1時間35分の激戦。錦織は表彰式で優勝カップを高々と持ち上げ、会場の歓声に応えた。

 優勝スピーチではスペイン語で「オラ(やあ)」とあいさつ。そのあと英語で「ここは第2の故郷。このトーナメントに帰ってきて優勝できてうれしい。来年また会いましょう」。スペイン産の発泡ワイン「カバ」での“シャンパン・ファイト”で、アンドゥハールの健闘をたたえた。

 試合後の会見では、「本当にうれしい。第2セットは特別タフで、正直どうして勝てたのか分からない。彼はとても攻撃的で、僕よりいいテニスをした。今日はベストではなかったが、2セットで勝てたことが大事だ。こういうクレーコートでの試合に勝ったことは次への自信になる」と振り返った。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。