“世紀の大一番”はメイウェザーがパッキャオに3−0の判定勝ち

2015.05.03


ボクシングの世界ウエルター級タイトルマッチで激突するフロイド・メイウェザーとマニー・パッキャオ(右)=2日、米ネバダ州ラスベガスのMGMグランド(AP)【拡大】

 “世紀の一戦”として注目を集めたボクシングの世界ウエルター級3団体統一戦が2日(日本時間3日)、米ネバダ州ラスベガスで行われ、世界ボクシング協会(WBA)と世界ボクシング評議会(WBC)王者のフロイド・メイウェザー(米国)が、世界ボクシング機構(WBO)王者のマニー・パッキャオ(フィリピン)を3−0の判定で下した。

 「パンチを当てさせない」といわれる防御技術を誇るメイウェザーと強烈な左で難敵を次々に沈めてきたパッキャオの決戦に付いた異名は“矛盾対決”。序盤からリーチで勝るメイウェザーが距離を取ってカウンターを狙い、パッキャオが踏み込むスキをうかがう展開が続く。パッキャオが4回や6回に左を当ててからの連打をみせると、メイウェザーは長く速い左のジャブと右のカウンターで対抗。互いに持ち味を発揮した勝負は12回を戦い終えて判定に持ち込まれ、盾のメイウェザーが矛のパッキャオを判定で下した。

 通算戦績はメイウェザーが48勝(26KO)、パッキャオは57勝(38KO)6敗2分けとなった。

 歴史に名を残す名王者である両雄の対決は、2009年から噂されては流れてきた経緯がある。ようやく実現した歴史的一戦は記録的な興行となり、ファイトマネーは計2億ドル(約238億円)を大きく上回り、米経済誌フォーブスはテレビ視聴料の3億ドル(約357億円)などを含む収入総額は4億2千万−4億4千万ドル(約499億8千万−523億6千万円)に上ると予想していた。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。