白鵬、進化したトラブル修正力 嬉しさのあまり旭天鵬の引退“ばらす”一幕も

2015.07.27


白鵬は大先輩・旭天鵬(左)とともに優勝パレードで笑顔をみせた【拡大】

 逆転を狙った鶴竜に快勝。横綱白鵬(30)が2場所ぶり35回目の優勝、自らが持つ最多優勝記録を更新した。

 終盤の相撲はまさに圧巻で、危なげなく賜杯をものにした。「2場所ぶりの優勝、気持ちいいね。今場所は前半(もたついて)力が落ちたんじゃないかという人もいた。こうして優勝できたので、そういう寂しいことはいわないでほしい」と、いたくご満悦だ。

 うれしさのあまり、土俵下の優勝インタビューで、まだ本人が「師匠や家族らと相談してから」とペンディングにしていた旭天鵬の引退を「今場所限りで引退する大先輩を優勝パレードで一緒に(車に)乗せることができてよかった」とばらす勇み足もあった。

 とはいえ、白鵬の天下は揺るぎもしない。中でも目を引くのは、その進化ぶりだ。先場所、12日目の豪栄道戦で首投げに敗れ、物言いがつかないことに不満を表し、1分あまりも土俵下で立ち尽くした。支度部屋に戻っても怒りは収まらず、以降は千秋楽まで報道陣にも背中を向け、無言を押し通した。これで心身のバランスが崩れ、7連覇を逃した。

 ところが、名古屋ではまるで別人だ。

 今場所もトラブルを引き起こした。9日目の逸ノ城戦で勝負がついた後、あごに強烈なノド輪を見舞うダメ押しをやり、審判部から「見苦しい。横綱のやることではない」と厳重注意を受けた。これまでなら、また反抗的な態度を取りそうなところだったが「気をつけます」と謝り、報道陣の取材にも素直に応じた。すねて反抗しても何の得にもならないことを学習したのだ。

 おかげで心を乱されることもなく、調子は尻上がり。内容的にはダントツだった。30歳になっても、このように素早く態度を改める修正能力を高めたのは大したもの。この分では40回は通過点で、さらに多くの優勝も望めそうだ。  (大見信昭)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。