「五郎丸フィーバー」に疑問 尊敬の気持ち感じられず (1/2ページ)

2015.11.10


どのチャンネルにかえても五郎丸。まさにブレーク中だが【拡大】

 「トンカツはしょうゆをかけるんですか?」。女性リポーターの素っ頓狂な質問がテレビニュースで聞こえたのは、ラグビー日本代表の五郎丸歩のスーパーラグビー(SR)「レッズ」入りの会見だった。

 好物に、ソースでなくしょうゆをかけるのが五郎丸流とか。しかし、そんなことがSR入りと関係があるのか。おそらくSRの何たるかなど全く知らないリポーターが芸能人と同じ感覚で質問したのだろう。まじめに答えた五郎丸だが、内心「バカなこと聞くなあ」と呆れたのではないか。

 金太郎飴みたいに、テレビのチャンネルをひねれば「またか」と思うほど五郎丸の顔が出てくる昨今。豪州の強豪「レッズ」からオファーがあったこともさることながら、W杯イングランド大会のドリームチーム(ベスト15)に日本から初めて選出されたのも凄いことであった。

 トップリーグの昨年度平均入場者数が4719人。それも各チームを抱える企業が動員をかけての数字。一般の人はほとんど関心のない「ラグビー小国」に、突如として現れたウルトラスーパースターといっていい。

 しかし、やれワイドショーだバラエティー番組だと引っ張り回される五郎丸を見ていると、昔ながらのラグビーファンはうれしいどころか、引いてしまうのではないか。

 五郎丸さえ話題にすれば受ける、とでも思っているのだろう。あるテレビは、岐阜の関善光寺にある仏像の胸の前で合わせた両手の組み方が「五郎丸ポーズにそっくり」とはしゃぎ、浜松の動物園で生まれたキリンの赤ちゃんが「ゴロウマルと命名された」ときた。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。